M
E
N
U
Copyright© 2018 スマ客 All Rights Reserved.
Blog

スマホサイト制作の『コンセプトとターゲット』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今日のスマ客blogは、『スマホサイト制作』の第2回『コンセプトとターゲット』設定です。

前回のblogで、リアル店舗の事業体でもあります

・美容室やエステ、ネイルサロン、まつ毛エクステといったサロン系
・カフェや居酒屋、焼肉、フレンチ、イタリアン、和食等の飲食店系
・病院や歯科、整体、マッサージといった医療系
・不動産、学習塾、教室といった事業所系
・税理士、社労士、弁護士といった士業系

といった業種ではスマホサイトの作成は必須であり、そしてきちんとした作り込みを行わなければならないということをお話しました。その重要な作り込みですが、まず何から始めるか。

まずは、店舗のコンセプトとターゲットのセッティングです。コンセプトとは、自分の置かれた

『社会的な役割』
『社会的な使命』

という言葉でも表されます。何だか???っと思ってしまいますが、このように考えると分かるかもしれません。
私の店舗(事業所)は、


『こんな人達(顧客)に、こんなことを提供します!』

 

といった形となります。でも、こんなコンセプトはNGです。

・私の美容室は髪が伸びた人の髪をカットします・・・
・私のエステサロンでは綺麗になりたい人のお手伝いをします・・・
・私の不動産賃貸では部屋を借りたい人に部屋を貸します・・・

こういったことはどう考えても普通ですし、このようなことを考えずに仕事をする方はまずいません。そうではなく、来店心理を持つ顧客は、その商品やサービス以外の『何か』を得にきています。この顧客の考える商品やサービス以外『何か』が行動心理を突き動かします。

来店された顧客に自分のお店は

『何が出来るのか?』
『何をすべきなのか?』

ということを思い描き、自分が提供すべき魅力や雰囲気を含めた商品&サービスを存分にホームページで演出しましょう!こうすることで、ターゲットとなる顧客の興味を引くことが出来ます。店舗経営される方はどうしても『万人受け』を狙ってしまうので、コンセプトやターゲットがぼやけてしまいます。

万人=顧客という式は成り立ちませんし、こういったことを思っている方は今すぐ下記のような形に置き換えるべきです。


ターゲット→興味→来店=顧客

 

これが正解です!

自分のコンセプトに合った顧客をいかに興味を引かせ契約(来店や問合せなど)に持ってこさせるかが集客&売上UPの鍵となります。なので、ホームページ上から万人向けではない他店と差別化できた商品やサービスを打ち出し、契約に繋がる心理行動(来店や問合せ)に導くホームページを作成しましょう。

これはスマホサイトの作成だけではなくPCサイト作成にも入れることです。

スマホでのホームページ制作でお悩みなら【スマ客】へお気軽にご相談ください。またスマホ集客に限らずスマ客では、『WEBマーケティング全体』の観点からのご相談も受け付けております。ご不明な点などは遠慮なく気軽にお尋ね下さい。

WEBからのお問い合わせは タップで電話をすることができます。 WEBからのお問い合わせは

コメントを残す

*