スマホマーケティング スマートフォン集客売上倍増計画
スマホとPC画面見比べ


リスティング広告でのWEB集客&売上UP効果





そもそもリスティング広告(PPC広告)とは?


リスティング広告(PPC広告ともいいます)は、YahooやGoogleなどの検索エンジンやその他ポータルサイトにテキストやイメージ画像を配信するネット広告の1種で、ホームページへアクセスを集める『WEB集客』方法のことを指しています。

通常、ネット広告の掲載そのものに料金は発生せず、広告がクリックされた時に料金が発生するクリック報酬型(Pay Per Click)が主となります。

その課金単位は、様々な要素で決められておりますが、基本的にはユーザーのニーズが多いキーワードのクリック単価は高く、広告掲載場所も単価に大きく影響します。



リスティング広告表示例


リスティング広告(PPC広告)の必要性


スマホ集客におけるスマホリスティング広告(スマホPPC広告)は、切っても切れない環境です。

何故か?

それは、お客様が欲するサービスや商品をYahooやGoogleなどの検索画面に表示させるのに1番重要なことは、掲載までの


スマホサイト掲載は時間と安定感


です。

この重要なお客様へのサービスや商品の認知で、掲載までの時間の速さと掲載される安定感がズバ抜けているのが、リスティング広告です。

広告を出稿するためのアカウントを取得し、広告キーワードや広告単価、広告掲載文章を決定してから早ければ


スマホサイトネット広告


には広告掲載が始まります。

皆さんのサービスや商品がターゲットとなるお客様へいち早くWEB上で知ってもらうため、リスティング広告を行う必要性があります。

『地元の賃貸不動産をネット広告で全国に広めても・・・』
『学習塾では費用対効果が低いでしょ?』
『ネット広告で美容室の地域を指定投下できないのでは?』


いえいえ、ここで紹介しているYahoo!のリスティング広告、グーグルのアドワーズ広告は、地域を絞って効率よく広告を投下することが出来るので、物凄く集客率が高くすることが出来ます!

そして1人のお客様を業種によっては、たった20円程度で獲得できる優れものです!

ただし、運用方法を間違わなければのお話です・・・

また、スマホ広告を行うことによって対象となるキーワードは、検索エンジン上での通常検索部分の上位表示(SEO)への副司効果も期待できます。

このようなことからスマホのリスティング広告はスマートフォン集客には、なくてはならないものなのです。



スマホマーケティング戦略

スマホPPC広告ページトップ


リスティング広告(PPC広告)運用戦略


スマホとPC・・・デバイスの違いがあれば、WEB広告の運用方法も勿論異なってきます。

PC版の運用では、さほど気にならなかった部分がスマホ広告ではかなりクローズアップされ、物凄く重要な部分へと変化します。

スマホリスティング広告(スマホPPC広告)運用における基本7か条があります。

スマホ広告の7か条とは、広告の投下先やその投下先の機能、広告の重要な表記ポジション、広告内容などのことが含まれますが、この7か条を踏まえた上で、スマホのリスティング広告(PPC広告)を運用・管理する時には重要な分析項目が6つあります。



リスティング広告の最適化

御社の決められた予算内での広告出稿となりますので、まずは既存データをYahooとGoogleに1:1の予算割合で尚且つスマホ優先でリスティング出稿します。
その後は、効果が良いキーワードが見つかり、検索エンジンでの偏りが見えてきた時点で、キーワードの調整や予算割合を変更することを実施します。


グーグルアナリティクス分析



検索エンジンシェア最適化

広告グループの細分化を行うことで出稿キーワードにマッチした広告文を表示できます。これによりユーザーの要望に合わせた広告文が表示されクリック率、契約率(CVR:コンバージョン)の向上に繋がります。


広告グループの良い例


リスティング広告文例



広告グループの最適化

実際に来店したお客様のエリアごとにキャンペーンを設定して予算の強弱をつける事でエリアの投資対効果を上げます。またこれを行うことで、ネット広告費のコスト削減にも繋がります。


来店エリアの精査分析



エリアマーケティング

広告文を複数作成・登録をし、クリック率(CTR)、契約率(CVR:コンバージョン)が良い広告文をテストしていきます。広告文の例として、『値段を訴求したパターン』『実績を訴求したパターン』などがあります。


CTR&CVRで広告を文判断



広告文ABテスト

リスティング広告で効果が良いキーワードで、SEO対策用のキーワードの発掘する分析も行います。具体的には『CTRが高い』や『CVRが良い』、『ネット広告の価格が高騰している』などがあります。


リスティングとSEO対策



リスティングキーワード発掘

リスティング効果の良い広告文をSEO対策用のタイトルに流用する事を前提にネット広告文のSEO解析を行います。これにより、自然検索結果の上位表示率を上げ、SEO対策への副次的効果を狙います。

CTR&CVRで広告を文判断



スマホマーケティング戦略

スマホPPC広告ページトップ


弊社のリスティング広告(PPC広告)運用代行


上記でご説明しましたが、スマートフォン集客にはスマホリスティング広告(スマホPPC広告)が必要不可欠です!

しかし、複雑極まりない運用管理や分析を通常業務の中、行うことは非常に大変なことです。

そこで弊社では、GoogleアドワーズとYahoo!リスティングのプロフェッショナル認定の資格を保有した担当が、御社に代わって弊社が難解で時間の掛かるリスティング広告(PPC広告)といったスマホ広告運用を代行いたします。

弊社のリスティング広告運用代行の特徴は、


リスティング広告運用代行

となります。

その他、キーワードの選定・キャンペーンの構築・広告文の設定・入札単価や適正CPAの算出など、リスティング広告(PPC広告)といったスマホ広告運用に関わる業務を全て網羅し、御社の費用対効果を最大限上げられるよう広告運用を代行いたします。

弊社でのリスティング広告運用代行は次のような手順で作業を行います。



現状の広告運用分析

3C分析で問題点洗出し

広告アカウント作成

設定キーワードで運用開始

運用後の内容解析

CVRやCPAの分析

ネット広告内容精査

リスティング広告改善点



スマホマーケティング戦略

スマホPPC広告ページトップ


スマホ広告運用代行料金と実績


弊社のスマホ用リスティング広告の運用代行料金は次のような形となります。


リスティング運用代行費用



お客様の広告費用 ※1 リスティング広告運用代行手数料 ※2
0円〜200,000円 35,000円
200,000円〜400,000円 60,000円
400,000円〜700,000円 110,000円
700,000円〜1,000,000円 170,000円
1,000,000円〜 ご相談
※1 広告費は、1か月分前払いとなります。消費税が別途かかリます。
※2 広告費用のお振込と同時にお支払いただきます。消費税が別途かかリます。



下記に弊社実績を示しますのでご参考にしていただければと思います。



学習塾のCVR&CPA改善


美容室の広告運用代行実績


ネイルサロンの広告運用代行





美容室のCVR&CPA改善


賃貸不動産のネット広告で売上UP


ネイルサロンのリスティング広告


弊社でのリスティング広告運用代行は、美容室、エステサロン、ネイルサロン、まつ毛エクステ、カフェ、居酒屋といった店舗や不動産、学習塾、教室、歯科、税理士、弁護士といった事業所といったリアル店舗系の集客に特化(専門)しております。

特に今までの実績から美容室、エステサロン、ネイルサロン、不動産、学習塾、税理士業では、スマホ広告の企画から運用&費用対効果で他社には負けない自信があります。

御社がWEB集客で既にお使いいただいておりますスマホリスティング広告、またこれからお使いになろうとしているスマホPPC広告でお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。




WEBコンサルティングWEB集客サポート



スマホマーケティング戦略
お問合せ時には『スマ客のリスティング広告対策を見た』とお伝えください。

スマホサイトMEO対策ページトップ

サービスメニュー

スマホ広告対策対応エリア

対応地域
スマホ広告(リスティング広告)につきましては、
北海道|青森|岩手|秋田|山形|宮城|福島|茨城|群馬|栃木|千葉|埼玉|東京|神奈川|山梨|静岡|長野|新潟|富山|石川|福井|愛知|岐阜|三重|滋賀|京都|奈良|大阪|和歌山|兵庫|徳島|愛媛|高知|香川|岡山|広島|島根|鳥取|山口|福岡|熊本|佐賀|長崎|大分|宮崎|鹿児島|沖縄で対応可能です!