M
E
N
U
Copyright© 2018 スマ客 All Rights Reserved.
Blog
2017.05.15

MEO対策(ローカルSEO対策)で上位表示を高める3つの要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

グーグルの検索結果に現在地の位置情報が反映されていることをご存知ですか?例えば、東京にいる時と大阪にいる時では、【美容室】と検索したときに検索結果が異なります。また頻繁的に検索されるキーワードやグーグルが必要としている情報については、検索結果の上部にMAP(地図)が掲載されており、検索者の位置に近い地域情報が表示されていることが殆どです。

これはグーグルの検索結果に【ヴェニス】というアルゴリズム(AI)によって位置情報が反映されているためです。地域性の高いローカルキーワード(リアル店舗や事業所でのサービス総称等)が含まれている場合、ヴェニスが判断して、ユーザーには位置情報を加味された検索結果を知らせた方が良いといった判断から、意図的に検索結果にMAPを表示させています。

以前、MEO対策(ローカルSEO対策)にレビューが効くで、レビューが上位表示の要因であることは説明いたしました。今回は、MEO(ローカルSEO)で上位表示を高める3つの要素について、話したいと思います。まずはおさらいですが、上位表示の要因は、

・マイビジネスへの登録の充実
・関係カテゴリーからのサイテーション
・レビュー

といった3つが大きく関わります。それに付け加え、その上位表示における検索の上位表示要因となる3つの要素が存在しますので、下記にて簡単に説明しますが、これを行うことで必ず1位となるわけではありませんので、予めご了承ください。

 

MEOでの上位表示3つの要素

MEOにおける上位表示を決定する要因として【関連性・距離・知名度】が関係してきます。これらを高めることで、グーグルは検索している人にとって重要な情報という位置づけから上位表示させる形で動きます。

 

■関連性

検索キーワードとマイビジネスに登録されているリアル店舗や事業所情報の関連性を高めることが重要です。マイビジネスでサービスに関連するキーワードを含めた情報を記載し、検索キーワードの月間ボリュームや流入ボリュームを計測しながらキーワードとの関連性を深め、ブラッシュアップしながら上位表示を目指すことが重要です。

マイビジネスの情報は店舗名(事業所名)、住所、電話番号、自社サイトURL、カテゴリー、営業時間、メニューのURL、属性、画像の9項目が設定可能です。

 

■距離

検索キーワードで入力した場所からそのリアル店舗(事業所)までの距離のこととなります。検索キーワード上で、地名や駅名といったローカル情報がない場合は、検索しているユーザーの現在地情報がヴェニスによって認識されます。スマホではGPS、PCではIPアドレスやWi-Fiの位置などで検索されているローカル情報で分かります。冒頭で触れた東京と大阪でそれぞれの位置から距離の近い検索結果が表示されることがこれにあたります。

 

■知名度

世の中的にビジネスでの知名度が高い有名なブランド、大型施設、駅等の公共施設は、ローカル検索で上位表示されやすい傾向にあります。これはこのような知名度があるものについて、信頼性があるといったことから判断されているようです。

 


 

このようにMEO(ローカルSEO)は、多種多様な要因から上位表示が決定されます。またこの表示や順位を決定するアルゴリズムのヴェニスは、日々進化しているため、上記の内容が変更される場合もあります。このようなことからスマ客のようなMEO対策の専門業者は、グーグルから発表される重要な情報にアンテナを立てて、それをクライアント様にフィードバックしております。

スマホでのMEO対策でお悩みなら【スマ客】へお気軽にご相談ください。またスマホ集客に限らずスマ客では、『WEBマーケティング全体』の観点からのご相談も受け付けております。ご不明な点などは遠慮なく気軽にお尋ね下さい。

WEBからのお問い合わせは タップで電話をすることができます。 WEBからのお問い合わせは

コメントを残す

*