M
E
N
U
Copyright© 2019 スマ客 All Rights Reserved.
Blog

Googleマイビジネスの書き換えにご用心! Part1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今日のスマ客blogは、『Googleマイビジネスの書き換えにご用心! Part1』についてです。

2018年9月に発覚しましたE●ARK(以下、有料予約系ポータルサイト)がポータサイトで使われている有料予約へ誘導させるためにGooglemapに記載されている歯科のマイビジネスの電話番号情報が有料となるポータサイトの予約電話番号(0066から始まる番号)へ勝手に書き換えるといったことがありました。また、有料予約系ポータルサイトへの予約画面リンクも同時に設定されているケースもありました。

Googleマイビジネスの予約電話番号やサイトURLへのリンク情報が有料予約系ポータルサイトの予約電話番号やサイトURLへ変更された意図とは?

それは有料予約系ポータルサイトが労せずして有料となる手数料(予約1件:2~3,000円)を獲得するためです。通常、店舗や事業所がGoogleマイビジネスを利用する際は無料で登録ができます。そこに企業情報(電話番号やサイトURL、営業時間など)を載せておくことで、WEBでの認知も広げることができます。

基本的にGoogleマイビジネスには、有料予約系ポータルサイトが用意した電話番号やURLではなく、店舗や事業所で設定された電話番号やサイトURLが記載しますが、それがいつの間にか予約手数料が必要な有料番号と有料予約URLへ勝手に挿げ替えられていたことが問題です。

スマ客でMEO対策を行う際にマイビジネス内の情報を精査し、芳しくないところは修正などを行いますが、現状の電話番号やURLを変更することはまずなく、もし万が一、電話番号やURLを変更する場合は、クライアント様にその理由を述べてから行います。

サイトを保有していなかったり、WEBには疎いといったことから有料予約系ポータルサイトの業者に【丸投げ】といったことで、店舗や事業所がこの行為を契約書などで承認して行っているケースもありますが、今回問題となっているのは、『許可なく勝手に』といったところです。

では、どのようにしてこのようなことが『許可なく勝手に』行われてしまったのでしょうか?

これは、Googlemapにある機能【マイビジネス情報の修正】を逆手に取ったケースと【オーナー権限譲渡】のリクエスト申請されるケースの2つが存在しました。

 

Googlemapのマイビジネス情報修正機能

Googleマイビジネスの情報は、基本Googlemapに関連する3箇所に掲載されます。その3箇所の全てに【修正機能】がついております。そもそも修正機能とは、店舗や事業者がGoogleマイビジネスに間違った情報を掲載しているときに、他の第3者がGoogleへ修正提案ができるといったありがたいのか迷惑なのか、どちらにもつかない機能のことです。

その修正機能が掲載されている場面は、下記のところになります。

 

掲載場所①

Googleにて『店舗名や事業者名』といったキーワード検索した結果、右側にはその対象となる店舗や事業者のGoogleマイビジネス情報が表示され、その中に【情報の修正を提案する】といった文言があります。

 

掲載場所②

Googleにてキーワード検索した結果、検索結果画面のMEOで表示された小窓のMAPからGooglemapを閲覧した時は、まず左側にその検索したキーワードに関連する店舗名や事業者名が表示され、その店舗名や事業者名をクリックするとGoogleマイビジネス情報が表示され、その中に【情報の修正を提案する】といった文言があります。

 

掲載場所③

Googlemapにて直接、店舗名や事業者名、その他サービス名などのキーワードで検索した結果、まず左側にその検索したキーワードに関連する店舗名や事業者名が表示され、その店舗名や事業者名をクリックするとGoogleマイビジネス情報が表示され、その中に【情報の修正を提案する】といった文言があります。

 


このような形で、外部の第3者が情報を修正依頼することができます。なぜこのような機能がついているのかというと、お店や事業所の営業時間や内容が変わった場合や不運にもお店や事業所を閉じてしまった場合、変更されたリアル情報がマイビジネスに反映されていないことをきっかけでWEBで検索した人が迷惑が掛からないようにするため、リアル情報を知っている人が修正できるようにするためです。

 

Googlemapのマイビジネス情報修正機能

マイビジネスのオーナー権限譲渡のリクエスト申請

過去に自分でマイビジネスの登録を済ませていたのに忘れてしまっていたり、旧オーナーが登録を済ませていたり、スタッフや従業員が登録を済ませているといった場合、ログイン情報がなく、ログインできずに情報の修正等がままならないといったことがあります。

このような状況の時にGoogleへ【マイビジネスのオーナー権限譲渡のリクエスト申請】といったものを行いますと、宙に浮いていたオーナー権限が自分のもとに帰ってくるといったものです。

以前、コチラのブログでも『GooglMapで【ビジネスオーナーですか?】が表示されない場合の対処』といった形で、リクエスト申請の方法をご紹介しておりますので、ココでは割愛させていただきます。

GooglMapで【ビジネスオーナーですか?】が表示されない場合の対処

この機能は、ログイン情報を失念してしまって宙に浮いていたマイビジネス情報の修正や、他の方にオーナー権限があるものを現オーナー自身に正しく返してもらい、きちんと運用してもらうといったことから存在します。

 


少し、長くなりましたので、この続きは次回…

スマホでのMEO対策でお悩みなら【スマ客】へお気軽にご相談ください。またスマホ集客に限らずスマ客では、『WEBマーケティング全体』の観点からのご相談も受け付けております。ご不明な点などは遠慮なく気軽にお尋ね下さい。

WEBからのお問い合わせは タップで電話をすることができます。 WEBからのお問い合わせは