M
E
N
U
Copyright© 2018 スマ客 All Rights Reserved.
Blog
2018.03.22

グーグルのストリートビュー(インドアビュー)は必要か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今日のスマ客blogは、『グーグルのストリートビュー(インドアビュー)は必要か?』についてです。

最近、サロンや飲食店等といったリアル店舗や病院、歯科、税理士等といった事業所では、SEO対策からMEO対策にシフトしているところも多くなってきました。そんな中、店舗内や事業所内といった屋内のグーグルストリートビュー(インドアビューともいわれます)がもてはやされております。Googleストリートビューとは、グーグルマップで店舗内や事業所内を仮想で歩けるといったあれです。

有名なのは、アメリカのホワイトハウスのストリートビューが有名です。

 

ホワイトハウスのストリートビューはコチラ

 

その中で、チョット気になることがありましたので、今回はそれを記事にいたします。

最近ですが、スマ客の運営事務局に『ストリートビューを導入しませんか?』といった営業電話がありました。スマ客はMEO対策自体を行っていることからグーグルマップの対策といったことで括るとある意味同業です。同業に営業電話しても全く意味がないのにと思いながら…少し時間もあったので、その営業電話に付き合ってみました。電話口では、

『ストリートビューで集客できます!』
『簡単に安く導入できますよ!』
『ストリートビューはSEOにも効果的です!』
『ストリートビューはMEOにも効果的です!』
『うちはGoogleから認定されているので安心です!』

云云かんぬんと捲し立てるように営業トークが続きます。

この営業トークはどれも的を得ておらず、勘違いまたは誤解を招くようなことしか伝えていません。その内容を掘り下げてみましょう。

 

■ストリートビューで集客

ストリートビュー自体が集客してくれる訳ではありません。あくまでもグーグルマップを見たターゲットが、そこに記載されたストリートビューを閲覧するだけのことです。

このことを営業に伝えると話を挿げ替えて『心理効果が高いので来店率も上がります!』と応戦?してきました。きっと、目(画面を見る視覚)や指(マウスを動かす触覚)を使うことが親近感が高くなる【単純接触効果】といった人間心理のことを言っていると思うのですが、別にそれはストリートビューでなくとも画像でも同じようなことができます。

グーグルマップ、はある種SNSに近いことから、ストリートビューのように1度の撮影で対応することからどうしてもリアルタイム感がなくなってしまうものより、通常画像でありながら新鮮なタイムラインに載せられるようなリアル画像の方がよっぽど視覚効果&単純接触効果が高いと思います。

 

■簡単に安く導入

何を切り取って安いのか?簡単なのか?といったことが最初の営業トークでは全く分かりませんでした。

コチラから金額を聞いて初めて『加工費込みで約10万円』と伝え、思わず『高っ!』と発してしまいました。『その10万円の中に設定費などは入っているのですか?』と聞くと、それはオプションですと。WEBに詳しい人ならグーグル内の設定等はそれほど難しいことではないですが、WEBに触れない方々にとってみれば設定は超難解な作業となります。とても安く&簡単に導入など出来る感じがしません。

またグーグルマップを見て物色するターゲットの心理上、古いデータ(画像)はマイナスポイントとなります。ターゲットはリアルタイムに近い情報を求めています。これがSNSに近い理由にもあたります。ストリートビューの場合、掲載当初はリアルタイムに近い情報を提供することができますが、時間が経つにつれて、どうしても情報が古くなります。

古い情報を新しくするためには、再度費用が掛かります…これを考えると決して安いとは言い切れません。『古い情報といったことなど来店・来場するお客様は分からないよ!』といったことも聞こえてきそうですが、確かに画面上では分からないかもしれません。ただ、来店・来場した時に画像とのギャップにお客様は落胆し、その後2度と来店・来場(再来)することはありません。

店舗や事業所にとって再来(リピーター)の存在は、売上UPにとって非常に大きいものです。そのリピーターが来ないとなると何時まで経っても広告費を圧縮できず、経営は苦しいものになります。

 

■SEOやMEOに効果的

グーグルとヤフーといった2大検索エンジンの順位を決めるアルゴリズム(AI)はグーグルが提供しております。グーグルマップも勿論グーグルが提供しております。ストリートビューの有無が、SEOやMEOの上位表示に関わり、ストリートビューがあることで、SEO対策やMEO対策がさも同時にできる(効果的)といった嘘を平気で営業トークに使っていることに驚きました。

SEO対策がMEOの上位表示に副次効果的に関与しているといったことは確認されておりますが、ストリートビューがあることで、SEOやMEOでの順位判定が左右されるといったことはありません。現時点で、グーグルからそのような発表はありませんし、確認もされておりません。ストリートビューとSEOとMEOの順位判定に因果関係はありませんので、このような営業トークには騙されないようにしましょう。

 

■グーグル認定

電話口で、『うちはグーグルから認定されているので安心です!』と言われたことからで、電話口で聞いた会社名などで同時に検索してみましたが、グーグルではHITしません。

これは、グーグルストリートビューの公式ページに、【グーグルストリートビュー認定フォトグラファーリスト】といったものが公開されていますことから直ぐに確認することができます。HITしないことを伝えると『おかしいな~認定取っているんですけどね~』とのらりくらりと、回答をはぐらかしていました。終いには、『検索方法合ってますか?』と失礼なことを言い出す始末です。

認定を受けていないからNGというわけではありませんが、調べれば直ぐにバレる嘘を平気でつく営業方法は如何なものかと…

 


 

あまり、良いことは書いていないかもしれませんが、勿論認定の有無に限らず、きちんと適正な金額で尚且つ、ストリートビュー単独で集客&売上UPに即繋がるといった誤情報や嘘を与えずに、ストリートビューを構築する企業さんも沢山おります。今回、弊社に営業してきたところがあまりにも胡散臭いところでしたので、注意喚起のため記事にいたしました。

ストリートビューも使い方によっては、総合的なスケジュールや集客計画の基、構築していけば、集客&売上UPの大きな武器にもなりますし、最初に構築しただけといった形を取れば、宝の持ち腐れで全く役に立たず、逆に足を引っ張る時もあります。

このようなことも含め、ただストリートビューを構築するだけではなく、きちんと説明&サポートをしてくれる企業にストリートビューの構築の依頼をすることやご自身で更新できるかどうかの可否の確認をお勧めいたします。

スマホでのMEO対策でお悩みなら【スマ客】へお気軽にご相談ください。またスマホ集客に限らずスマ客では、『WEBマーケティング全体』の観点からのご相談も受け付けております。ご不明な点などは遠慮なく気軽にお尋ね下さい。

WEBからのお問い合わせは タップで電話をすることができます。 WEBからのお問い合わせは

コメントを残す

*